ⓘ 数学 - 数学, 数学, 教科, 数学史, 線型代数学, 実用数学技能検定, 算数・数学教育 ..

数学

数学 (すうがく、 英:Mathematics)とは、数・量・図形などに関する学問である。 数学は、一般に形式科学に分類され、自然科学とははっきり区別される。方法論の如何によらず最終的には、数学としての成果というものは自然科学のように実験や観察によるものではない。

数学 (教科)

数学 (すうがく、英: mathematics, math )は、中等教育の課程(中学校の課程、高等学校の課程、中等教育学校の課程など)における教科の一つである。 本項目では、主として現在の学校教育における数学について取り扱う。関連する理論・実践・歴史などについては「算数・数学教育」を参照。

数学史

数学史 (すうがくし、英語:history of mathematics)とは、数学の歴史のこと。第一には、数学上の発見の起源についての研究であり、副次的な興味として、過去の数学においてどのような手法が一般的であったかや、どのような記号が使われたかなども調べられている。

線型代数学

線型代数学 (せんけいだいすうがく、英: linear algebra )とは、線形空間と線形変換を中心とした理論を研究する代数学の一分野である。現代数学において基礎的な役割を果たし、幅広い分野に応用されている。また、これは特に行列・行列式・連立一次方程式に関する理論を含む。 線形 などの用字・表記の揺れについては線型性を参照。 日本の大学においては、多くの理系学部学科(特に理学部・工学部)で解析学(微分積分学)とともに初学年から履修する。高校教育においては平成27年度からの新課程では行列の分野が除外されている。

実用数学技能検定

実用数学技能検定 (じつようすうがくぎのうけんてい)は、公益財団法人日本数学検定協会が実施する数学・算数の検定であり、一般に 数学検定 または 算数検定 と呼ばれる。

算数・数学教育

算数・数学教育 (さんすう・すうがくきょういく)とは、算数および数学に関する教育活動・内容の総称である。 本項目では、主として教科「算数」「数学」に関連のある理論・実践・歴史などについて取り扱う。現在の学校教育における教科自体については「算数」「数学 教科」を参照。