ⓘ 考古学 - 考古学, 海洋考古学, 奈良県立橿原考古学研究所, 宗教考古学, 神道考古学, 近世考古学 ..

考古学

考古学 (こうこがく、英語: archeology )は、人類が残した物質文化の痕跡(例えば、遺跡から出土した遺構などの資料)の研究を通し、人類の活動とその変化を研究する学問である。

海洋考古学

海洋考古学 (かいようこうこがく、英語:nautical archaeology)は、考古学の一分野である。国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)の水中文化遺産保護条約が定義する水中文化遺産(すいちゅうぶんかいさん、英語:underwater cultural heritage)を研究対象とする学問である。一般には、水中考古学(すいちゅうこうこがく、英語:underwater archaeology)と呼ばれている。近年では、水中文化遺産研究という表現が使用される場合もある。

奈良県立橿原考古学研究所

奈良県立橿原考古学研究所 (ならけんりつかしはらこうこがくけんきゅうしょ)は、奈良県橿原市畝傍町に設置された県立の埋蔵文化財調査研究機関。奈良県に属する機関である。現在まで存続している公的な埋蔵文化財研究機関としては最も古い歴史を持つ。 橿考研 (かしこうけん)と略されることもある。主に奈良県内の遺跡発掘調査を手がけ、初期の纒向遺跡をはじめ、ホケノ山古墳、黒塚古墳、桜井茶臼山古墳、メスリ山古墳、藤ノ木古墳、高松塚古墳などの学史に残る著名な古墳や、飛鳥京跡や東大寺、唐招提寺などの発掘で全国に名を知られる。附属博物館を併設するほか、宇陀市に室生埋蔵文化財整理収蔵センターを設置している。 附属博物館 ...

宗教考古学

宗教考古学 (しゅうきょうこうこがく)とは、欧米においては聖書考古学、日本においては仏教考古学がある。

神道考古学

神道考古学 (しんとうこうこがく)は考古学的に神道を研究する学問。かつては 神社考古学 とも称された。

近世考古学

近世考古学 (きんせいこうこがく)とは、 有史考古学 (ゆうしこうこがく)の一つで、いわゆる「近世」の遺跡・遺物を研究の対象とする考古学のことである。