ⓘ 計算機科学 - 計算機科学教育, 理論計算機科学, リフレクション, 計算機科学, 計算機科学哲学, 計算機工学, 計算科学 ..

計算機科学教育

計算機科学 (けいさんきかがく、英: computer science 、コンピュータ科学)とは、情報と計算の理論的基礎、及びそのコンピュータ上への実装と応用に関する研究分野である。コンピュータ科学には様々な分野がある。コンピュータグラフィックスのように応用に力点がある領域もあれば、理論計算機科学と呼ばれる分野のように数学的な性格が強い分野もある。計算科学は科学技術計算という「計算需要」に応えるための分野であり、それを実現する手段の研究は高性能計算である。また、一見わかりやすい分類として、計算機工学など「ハードウェア」と、プログラミングなど「ソフトウェア」という分類があるが、再構成可能コンピューティングのよう ...

理論計算機科学

理論計算機科学 (りろんけいさんきかがく、英語:theoretical computer science)は計算機を理論的に研究する学問で、計算機科学の一分野である。計算機を数理モデル化して数学的に研究することを特徴としている。「数学的」という言葉は広義には公理的に扱えるもの全てを指すので、理論計算機科学は広義の数学の一分野でもある。理論計算機科学では、現実のコンピュータを扱うことも多いが、チューリングマシンなどの計算モデルを扱うことも多い。 この分野のテーマの例を以下に挙げる(特に意図や理由のある選出ではない)。 ラムダ計算:計算機のモデルの一つであるラムダ計算を研究する学問。 アルゴリズム論:ある関数に対する具体的な ...

リフレクション (計算機科学)

計算機科学における 自己反映計算 (reflection、リフレクション)とは、計算機システムにおいて対象レベルとメタレベルを分離し、データとしてシステム自身を 因果結合 することで対象レベルの推論や計算に関するメタな情報を、メタレベルで明示的に記述して操作することをいう。因果結合を実現する方法は複数存在する。

計算機科学哲学

計算機科学哲学 とは、計算機科学についての考察から生ずる哲学的問題に関する学問分野である。 プログラミングという行為のみを対象としている訳ではなく、計算機システムの開発や保守を支援する概念や方法の、全体的な研究を意味すると理解されている。 物理学哲学や数学哲学の様に、計算機科学哲学を発展させようとする幾つかの試みにも関わらず、計算機科学哲学の内容、目的、焦点、或は話題についての方向性はまだ存在しない。 以上の様に、計算機科学哲学は、計算機システムを実装や分析に就いての概念や方法の発明に関連するメタ活動を扱う分野である。

計算機工学

計算機工学 (けいさんきこうがく、英語:Computer Engineering、 コンピュータ工学 )は、計算機科学と、電子工学などのコンピュータの実現に必要となる工学分野を組み合わせた学問分野である。たとえば、コンピュータの設計者は、ハードウェアやソフトウェアについての科学やそれらの統合に関しての他に、ある程度の電子工学などの知識を必要とする(さらには冷却などについても考える必要があるかもしれない)。従って、電子工学の中でも、いわゆる「弱電」を主とし、電気工学寄りな部分(いわゆる「強電」)や物理学的側面には、一般には重きを置かない(たとえばスーパーコンピューティングのための高速素子の研究など、例外もある)。 ...

計算科学

計算科学 (けいさんかがく、英: computational science )は、数学的モデルとその定量的評価法を構築し、計算機を活用して科学技術上の問題を解決する学問分野である。具体的には、様々な問題の計算機によるシミュレーションやその他の計算手法の適用を指す。