ⓘ 栄養学 - 栄養学, 栄養学部, 栄養学研究科, 女子栄養大学, 栄養, 食品栄養科学部 ..

栄養学

栄養学 (えいようがく、英語: nutrition science )とは、食事や食品、その成分である栄養素がどのように生物の中で利用されたり影響しているかを研究する、栄養に関する学問である。1910年代、日本での栄養学の創設期には、食品に含まれる栄養成分の分析や、「何を、いつ、どのくらい」食べたらいいのかを研究した。次第に白米の栄養素が乏しいということで、玄米かこれを部分的に精米した分搗き米や胚芽米かといった激しい主食論争が交わされた。1980年頃から、食事と生活習慣病が大きく関係することが分かり、食生活指針が作られ関連を研究する疫学研究が盛んになった。また1980年代以降、食品成分の健康に対する作用が解明されることが ...

栄養学部

栄養学部 (えいようがくぶ、英称: School of Nutrition or Faculty of Nutrition )とは、栄養学の教育研究を目的に設置される学部。家政学系統を改組したものも多くみられる。

栄養学研究科

栄養学研究科 (えいようがくけんきゅうか、英称: The Graduate School of Nutrition )は、日本の大学院研究科のうち、栄養学に関する高度な教育・研究を行う機構の1つである。1971年に、徳島大学において設立された栄養学研究科が日本で最初に設置された研究科である(現在の、徳島大学大学院栄養生命科学教育部にあたる)。

女子栄養大学

女子栄養大学 (じょしえいようだいがく、英語: Kagawa Nutrition University )は、埼玉県坂戸市千代田3-9-21に本部を置く日本の私立大学である。1961年に設置された。大学の略称は栄大、KNU。

栄養

栄養 (えいよう)とは、生物が体外(外界)から物質を摂取し、それを体を構成したり(維持したり)生活活動を行ったりするのに役立たせる現象。以前は「 営養 」と表記されることも多かった。 なお「栄養」は体外から取り入れられる物質のことも指しているが、取り入れられる物質は、より厳密には「栄養素」と呼ばれる。

食品栄養科学部

食品栄養科学部 (しょくひんえいようかがくぶ、 英語: School of Food and Nutritional Sciences )は、大学に設置される学部の一つ。食品栄養科学に関する教育研究を実施する組織である。