ⓘ 櫻木みわ. 櫻木 みわ (さくらき みわ、1981年 - )は、日本の小説家。福岡県生まれ。 ..

                                     

ⓘ 櫻木みわ

櫻木 みわ (さくらき みわ、1981年 - )は、日本の小説家。福岡県生まれ。

                                     

1. 経歴・人物

早稲田大学在学中に水原紫苑の短歌実作ゼミに参加したのを機に、早稲田大学短歌会や京都大学短歌会に所属し短歌を学ぶ。後に石川美南や内山晶太らとともに短歌同人誌『pool』に参加した。大学卒業後、タイ王国の現地出版社に勤務し、日本人向けフリーペーパーの編集長を務める。その後、東ティモール、フランス、インドネシアなどに滞在したのちに帰国。

2006年3月、「遊戯生活」が第5回女による女のためのR-18文学賞最終候補作となる。2016年、「ゲンロン 大森望 SF創作講座」(第1期)を受講。2017年3月、「わたしのクリスタル」が第1回ゲンロンSF新人賞最終候補作となる。2018年12月、最終候補作を含んだSF講座提出作を改稿した作品集『うつくしい繭』で作家デビュー。

                                     

2.1. 作品リスト 単行本

  • 『うつくしい繭』(講談社、2018年12月)
                                     

2.2. 作品リスト 雑誌掲載作品

小説
  • 「あの日、二月の教室で」 - 『小説すばる』2021年3月号(集英社)
  • 「米と苺」 - 『たべるのがおそい』Vol.7(書肆侃侃房、2019年4月)
  • 「コークスが燃えている」 - 『すばる』2021年4月号(集英社)
  • 「湖底の炎」(李琴峰との共著) - 『S-Fマガジン』2021年2月号(2020年12月25日発行)(早川書房)
  • 「まぼろし北寄」 - 『小説推理』2021年2月号(2020年12月26日発行)(双葉社)
  • 「しおかぜ」 - 『小説トリッパー』2020年夏季号(6月18日発行)(朝日新聞出版)
エッセイなど
  • 「『うつくしい繭』あとがきのあとがき」 - 『メフィスト』2019年 VOL.1(講談社、2019年4月)
  • 「SFつながり(3)五反田の夜を遠くはなれて――ワールドコン・ダブリン報告」 - 『ゲンロンβ43』(株式会社ゲンロン、2019年11月)
  • 「本とねずみとコークスと」 - 『小説すばる』2018年12月号(集英社)
  • 『ゲンロン 11.5』(株式会社ゲンロン、2020年10月)に再録された。
  • 「六月の金曜日」 - 『小説トリッパー』2019年秋季号(9月18日発行)(朝日新聞出版)
  • 「うちあけ話」 - 『文學界』2020年12月号(文藝春秋)