ⓘ 桜木健一. 桜木 健一 (さくらぎ けんいち、1948年3月26日 - )は、日本の俳優・歌手。別表記として櫻木 健一(読み同じ)、本名は宮土 尚治(みやつち しょうじ)。トライ ..

                                     

ⓘ 桜木健一

桜木 健一 (さくらぎ けんいち、1948年3月26日 - )は、日本の俳優・歌手。別表記として櫻木 健一(読み同じ)、本名は宮土 尚治(みやつち しょうじ)。トライストーン・エンタテイメント所属。

                                     

1. 来歴・人物

大阪府大阪市阿倍野区美章園出身。幼少時から関西の児童劇団に在籍。1966年、上宮高等学校を卒業した。在学中は生徒会長をつとめ、本名でテレビ時代劇『新選組血風録』第25話「流山」に出演。近畿大学に入学するが、中退して上京し、1967年の映画『あゝ同期の桜』、1969年の『昭和残侠伝 唐獅子仁義』に出演した。

1969年、『柔道一直線』の主人公・一条直也役に抜擢される。これは同番組のプロデューサーだった東映の斉藤頼照が、「小柄で芝居がうまい」ということで桜木を大阪から呼びよせたもので、桜木のマネージャーはこの際に、桜木に柔道着を着せてきたという。

この『柔道一直線』を機に、芸名を 桜木健一 とする。少年の頃から「花は桜木 人は武士」という一句が好きだったことから自然と浮かんで来たということで、姓を「桜木」にした。名の「健一」は桜木自身が尊敬する高倉健から「健」の一字をもらってきて、名前を引き締めるために「柔道一直線」の「一」を足して自分でつけたものである。

『柔道一直線』は折からの「スポ根ドラマ」ブームもあって平均20%台の高視聴率を誇り、桜木は共演の吉沢京子とともにお茶の間の人気者となった。番組当時、桜木と吉沢のブロマイドはともに売り上げ1位のまま、3 - 4年間もそれが続いたという。同作の予告編にはファンレターの山から桜木が飛び出すカットがあるが、これは実際に届いた桜木宛てのファンレターをそのまま使ったものだった。

その後、同じTBSで『刑事くん』に主演。萩原健一がゲストの回では、対抗意識を燃やしてネクタイをわざと緩めて異例のアピールを行ったという。桜木が劇中で必ず全力疾走するシーンがあるが、斉藤プロデューサーによると、これはその後に脚本スタッフが『太陽にほえろ!』で流用したもので、「走る刑事」の原典は桜木の演じた三神刑事だった。『刑事くん』は第4シリーズまで作られる人気作となったが、桜木は「もう大人だから子供番組をやめたい」と斉藤プロデューサーに訴え、斉藤プロデューサーも「しょうがない、終わりにしよう」と受諾。『特捜最前線』(テレビ朝日)に桜木を推薦してくれた。

ただ、青春スターとしての印象が強かったためか、本人がスポーツ紙で語ったところによると、35歳くらいになるとテレビの仕事が途絶えるという苦しい時期もあったという。

以後、活動の中心を舞台に移し、山本周五郎原作の『さぶ』、『樅ノ木は残った』など、多数の舞台に出演。歌手としての活動は、『柔道一直線』の主題歌のほか、『太陽の恋人』、『恋はうそつき』、安倍里葎子とデュエットした『誘惑』がある。映画では『仁義なき戦い 完結篇』や『新仁義なき戦い 組長最後の日』などに出演した。

『柔道一直線』のDVD-BOXが発売された時、雑誌の数ページに渡るインタビューで、「逆回しにするため、セリフを逆から叫びながら、木から飛び降りた。公園のロケで大勢の人が見ていて、恥ずかしかった」「台本は、直前に出来てくることも多かった」などの、当時のエピソードを話している。吉沢京子は、「" 櫻木さんは、なんでも出来ちゃう人だなあ”と思って見ていた」と、当時の印象を話している。

ロス五輪の柔道金メダリスト・斉藤仁に、五輪前に本人から指名を受け、柔道雑誌の対談で初めて会った。そのとき「自分は『柔道一直線』を見て、柔道を始めたんです」と言われ、それが「とても嬉しかった」のだという。「あのドラマは、いわば僕の名刺代わりだから。あれがあったから、今の僕がある。」と話している。その後、「金メダルを取りました!」と報告があったという。

『パンダが町にやってくる』(2008年)では、主人公のご近所で道場を営む柔道の先生役。その名も" 十条直哉”で、(還暦のため)赤い柔道着に身を包み、吉沢京子と夫婦役という設定であった。赤い柔道着は本人の自前で、先輩からお祝いに贈られたものである。また、作中では講道館から功労賞を贈られ、そのお祝いに駆けつけるという設定で、斉藤仁本人がゲスト出演している。

2009年、そば好きが高じて横浜・八景島シーパラダイスに「櫻木健一のお店」と銘打った「そば処 櫻木庵」を出店。「一直線天ぷら」「つばめ返しうどん」などのユニークなネーミングが並んでいたが、2014年に閉店した。

                                     

2. 出演

※を付したものは本名名義。

CM

  • ライフネット難波
  • サイボウズ Kintone 2020年- - サイ坊主
                                     

2.1. 出演 テレビドラマ

  • 第859話「目撃者」(1983年) - 伸吉
  • 銭形平次 (フジテレビ / 東映)
  • 新選組血風録 第25話「流山」(1965年、NET / 東映) - 原市太郎 ※
  • 第888話「ああ十手ひとすじ!!八百八十八番大手柄」(1984年)
  • 第62話「七夕の唄」(1967年) - 直公 ※
  • 小夜子の駅(1976年11月13日、NHK) - 内田実(桃井かおりの初主演ドラマ。シナリオは「万葉の娘たち」大和書房に収録)
  • 新・必殺からくり人 第10話「東海道五十三次殺し旅 桑名」(1978年) - 小吉
  • まんまる四角(1973年、TBS) - 本田大介
  • 素浪人 花山大吉 第9話「死んで花実が咲いていた」(1969年、NET / 東映) ※
  • ガッツジュン 第5話「燃えろ闘魂」、第6話「魔球Zシュート」(1971年、TBS / 宣弘社プロダクション) - 西郷四郎
  • さすらいの狼 第1話「死ねない竜の胸の傷」(1972年、NET / 東映)
  • ここ一番(1974年、フジテレビ)
  • パパは独身1976年 - 1977年、TBS) - 北川雄三
  • 刑事くん(1971年 - 1976年、TBS) - 三神鉄男 ☆第54話の「九月の花嫁」(1972年9月21日放送)は、櫻木と市川森一の共同脚本である。
  • 熱血猿飛佐助(1972年 - 1973年、TBS) - 猿飛佐助
  • 君たちは魚だ(1972年、ABC) - 淳
  • たんぽぽ(1976年、日本テレビ)
  • 太陽の恋人(1971年、NET) - 坂本征二
  • ウルトラマンA 第12話「サボテン地獄の赤い花」(1972年、TBS) - 佐田刑事
  • 柔道一直線(1969年 - 1971年、TBS / 東映) - 一条直也
  • 必殺商売人 第12話「裏口を憎む男にない明日」(1978年) - 藤堂平馬
  • 新・必殺仕置人 第17話「代役無用」(1977年) - 友吉
  • 遠山の金さん捕物帳 第139話「悪夢に追われた男」(1973年、NET / 東映) - 七太郎
  • 五街道まっしぐら!(1976年、NET / 東映) - 下柘植の木猿
  • 虹のエアポート(1975年10月7日 - 1976年1月6日、TBS)主題歌「青春の刻」歌唱
  • 駆けろ!八百八町(1977年、NET / 東映) - 山吹小太郎
  • 必殺シリーズ(ABC / 松竹)
  • 十手無用 九丁堀事件帖(1975年 - 1976年、日本テレビ / 東映) - 鉄平
  • 隠密剣士 突っ走れ! 第1話「炎を破る信太郎」(1973年、TBS / 宣弘社) - 桔梗左馬之介
  • 伝七捕物帳 第123話「悪い奴らは地獄行き」(1976年、NTV / ユニオン映画) - 喜太郎
  • 東芝日曜劇場 林で書いた詩(1974年11月24日、北海道放送)
  • 江〜姫たちの戦国〜(2011年)- 酒井忠次
  • 黄金の日日(1978年) - 豊臣秀次
  • 篤姫(2008年) - 脇坂安宅
  • おおヒバリ!(1977年 - 1978年、TBS)
  • 達磨大助事件帳 第7話「地獄のわかれ道」(1977年、ANB / 前進座 / 国際放映) - 清吉
  • 利家とまつ〜加賀百万石物語〜(2002年) - 山上宗二
  • 大河ドラマ (NHK)
  • 桃太郎侍(NTV / 東映)
  • 新五捕物帳 第14話「怒りの十手に血が騒ぐ」(1978年、日本テレビ / ユニオン映画) - 丑松
  • 第71話「親子十手に花が咲く」(1978年) - 文八
  • 第244話「義賊の恋」(1981年)- 栄吉
  • 第23話「怒れ!!魚河岸野郎」(1978年6月24日) - 太吉
  • 第197話「河豚より怖し小判鮫」(1982年) - 亥之吉
  • 吉宗評判記 暴れん坊将軍
  • 暴れん坊将軍シリーズ(ANB / 東映)
  • 第51話「魚河岸の花嫁」(1979年2月10日) - 太吉
  • 第45話「いかさま奉行の鴨ネギ音頭!」(1984年) - 半助
  • 第187話「夫婦喧嘩と釣り天井!」(1987年) - 伊之助
  • 第119話 「吉宗がまさか!結婚詐欺!?」(1985年) - 次郎吉
  • 暴れん坊将軍II
  • 暴れん坊将軍V
  • 第9話「ろくでなし長屋殺人事件」(1993年) - 徳松
  • 大江戸捜査網 (東京12チャンネル / 三船プロ)
  • 第363話「江戸っ子魚屋の世継ぎ騒動」(1978年) - 仙吉
  • 第342話「怪しき風来坊謎の変身」(1978年) - 河邊藩主
  • 第5話「三年味噌に賭けた意地 -仙台-」(1983年11月28日) - 惣太郎
  • そば屋梅吉捕物帳 第1話「闇を斬る江戸の月」(1979年、東京12チャンネル / 国際放映) - 渡辺大四郎
  • 特命刑事(1980年、日本テレビ / 東映) - 清川大作
  • 第12話「偽黄門の悪退治 -大館-」(1984年1月16日) - 助八
  • 木曜ゴールデンドラマ 細雪(1980年11月20日、読売テレビ)
  • 第14部
  • 第12部 第10話「殴られた黄門様 -伏見-」(1981年11月2日) - 新吉
  • 柳生あばれ旅(1980年、テレビ朝日 / 東映) - 青戸金兵衛
  • 森繁久彌のおやじは熟年 第6話「勘違いの恋」(1981年、テレビ朝日)
  • 第36話「夫婦喧嘩で悪退治 -徳島-」(1984年7月2日) - 丁助
  • おはなちゃん繁昌記 第14話「お江戸の空は日本晴れ」(1979年、テレビ朝日) - 弥太郎
  • 特捜最前線(1979年 - 1980年、テレビ朝日 / 東映) - 滝刑事
  • 水戸黄門(TBS / C.A.L)
  • 第16部
  • 第15部 第27話「殿様騙した親不孝者 -大垣-」(1985年7月29日) - 孝助
  • 第39話「旅遥か恋の船唄 -水戸-」(1987年1月19日) - 佐太郎
  • 第4話「助さん身代り親孝行 -沼津-」(1986年5月19日) - 正太郎
  • 第28話「娘を救った偽黄門 -弘前-」(1986年11月3日) - 助造
  • 第4話「花嫁衣裳の秘密 -小山-」(1988年10月3日) - 喜八
  • 第18部
  • 第32話「飴屋の幽霊 -川崎-」(1989年4月24日) - 兼松
  • 第20部 第32話「誘拐された御老公 -福井-」(1991年6月17日) - 弥次
  • 第21部 第6話「秘伝運んだ孫娘 -浜田-」(1992年5月11日) - 長五郎
  • 第19部 第24話「縁結び頑固比べ -善光寺-」(1990年3月12日) - 幸助
  • 第42部 第6話「助さんに見た父の面影 -富山-」(2010年11月15日) - 稲垣軍兵衛
  • 第34部 第5話「格さん不覚消えた印籠 -石巻-」(2005年2月7日) - 卯之吉
  • 第24部 第32話「追われた男の恩返し -盛岡-」(1996年5月6日) - 島吉
  • 第22部 第11話「弟思いのあほんだら兄貴 -大坂-」(1993年7月26日) - 長次
  • ナショナル劇場50周年記念特別企画スペシャル(2006年3月13日) - 清吉
  • 第8部
  • 第6部 第3話「意地っ張り三方一両損」(1982年3月22日) - 元次
  • 大岡越前(TBS / C.A.L)
  • 第7部 第5話「夢で拾った五十両」(1983年5月23日) - 熊五郎
  • 第2話「幽霊駕籠の仇討ち」(1984年7月23日) - 助十
  • 第25話「十手鈍らす過去の罪」(1985年1月14日) - 多吉
  • 第11部 第16話「三方納めた一両損」(1990年8月6日) - 金太
  • 第13部 第25話「大工と左官の意地比べ」(1993年5月3日) - 千太
  • 第10部 第20話「親不孝息子の敵討ち」(1988年7月11日) - 伊之助
  • 夫婦ねずみ今夜が勝負 最終話「最後の共働き七百両を取り返せ!」(1984年、テレビ東京)
  • 長七郎江戸日記(日本テレビ / ユニオン映画)
  • 第2シリーズ「怠なれど愚ならず」(1989年) - 横井東馬
  • 大奥 第37話「さらば!田園交響楽」(1983年、関西テレビ / 東映) - 加藤久道
  • 源九郎旅日記 葵の暴れん坊(1982年 - 1983年、テレビ朝日 / 東映) - 又八
  • 第1シリーズ「御赦免船の男」(1985年)
  • 第3シリーズ「ひとつぶの銀」(1990年) - 清兵衛
  • 新・なにわの源蔵事件帳 第12話「善人の仮面」(1984年、NHK)
  • 三代目はおニャン子お嬢様!?花吹雪893組(1986年、フジテレビ)
  • 腕におぼえあり3(1993年、NHK) - 松三
  • NHK連続テレビ小説 芋たこなんきん(2006年 - 2007年、NHK) - 大崎俊平
  • 大岡越前 第6話「名裁き三方一両損」(2013年6月15日、NHK BSプレミアム / C.A.L) - 源兵ヱ
  • ひるドラ パンダが町にやってくる(2008年11月 - 12月、毎日放送) - 十条直哉
  • 御家人斬九郎 第4シリーズ 第3話「大利根の月」(1999年、フジテレビ / 映像京都) - 京蔵
  • 名奉行 遠山の金さん 第3シリーズ 第14話「サギ師金さんの弟現わる!」(1990年、テレビ朝日 / 東映) - 吉兵衛
  • あなたの番です 第19話(2019年9月1日、日本テレビ) - 鍋島 役
  • 月影兵庫あばれ旅 第2シリーズ 第11話「殺しの千里眼!」(1990年、テレビ東京 / 松竹) - 勘八
  • 土曜ドラマ・刑事の現場 第1話、3話、最終話(2008年3月、NHK) - 真山刑事
  • 告発〜国選弁護人 第5話(2011年2月10日、テレビ朝日) - スナック・マスター
  • 江戸を斬るVII 第25話「願い叶えた千両富」(1987年、TBS / C.A.L) - 宗助
  • 金曜プレステージ 所轄刑事9(2014年8月29日、フジテレビ) - 米倉修平
  • 南町奉行事件帖 怒れ!求馬II 第16話「鯛だけが知っていた」(2000年 TBS / C.A.L) - 正助
  • 月曜ミステリーシアター ペテロの葬列 第5話(2014年8月4日、TBS) - 猿田茂
  • 勤番グルメ ブシメシ!(2017年) - 原田
  • 連続テレビ小説エール(2020年、NHK) - 小田和夫
  • 江戸を斬るVIII(1994年、TBS / C.A.L) - お喋り伝助
  • 科捜研の女(2018年12月6日、テレビ朝日) - 星野信雄 役
  • 月曜名作劇場 「税務調査官・窓際太郎の事件簿32」(2017年) - 時田宗康
  • キワドい2人-K2-池袋署刑事課 神崎・黒木 第3話2020年9月25日、TBSテレビ) - 宇田川役
  • 刑事7人 SEASON5 第8話(2019年9月4日、テレビ朝日) - 森川京一郎 役
  • アノニマス〜警視庁" 指殺人”対策室〜 第7話・最終話(2021年3月8日・15日、テレビ東京) - 長谷部 役
  • 銀と金(2017年) - 山村奏輔
  • 銀座黒猫物語 第8話(2020年9月4日、関西テレビ) - 中村活字 店主
  • 相棒 season14・第16話「右京の同級生」(2016年2月17日、テレビ朝日) - 犀川武彦 役
  • ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子(2016年) - 坂田大吉
  • 鬼平犯科帳 第7シリーズ 第12話「あいびき」(1997年、フジテレビ) - 文吉
  • 水曜ミステリー9 さすらい署長 風間昭平10(2013年7月17日、テレビ東京) - 三田尻健
  • 右門捕物帖 血染めの矢 江戸-長崎 黄金強奪連続殺人に必殺の十手が挑む!(1989年、テレビ朝日 / 東映) - チョンギレ松
  • 松本清張ミステリー時代劇 第3話「役者絵」(2015年5月5日、BSジャパン) - 六右衛門 役
  • 徳川風雲録 御三家の野望(1986年、テレビ東京 / 東映) - 藪田助八役


                                     

2.2. 出演 Vシネマ

  • 首領への道 第11話 - 第19話
  • 難波金融伝ミナミの帝王 19 「闇の裁き」(2002年、ケイエスエス)

・島田組若頭代行、根来浩次役

  • 実録・関東やくざ戦争 修羅の盃(2003年、GPミュージアムソフト)
  • 誇り高き野望 1、2、4、5、6話(2005年・2006年、アネック) - 森田組 笹川光太朗
                                     

2.3. 出演 ラジオ

  • ひとつきの楽園(NHKFMシアター、2010年11月20日放送) - 自分のゆく道が見えず、愛媛のミカン農家にアルバイトに来た青年。都会から自分探しのために来た人々との交流を描く。
                                     

2.4. 出演 CM

  • ライフネット難波
  • サイボウズ Kintone 2020年- - サイ坊主


                                     

3. 参考文献

  • 『夢回路 市川森一ファンタスティックドラマ集』(柿の葉会)- 『刑事くん』のシナリオが7編、『熱血猿飛佐助』の未映像化シナリオ(「恋路はるかに…」)が1編、スチール写真も2枚ほど収められ、『刑事くん』スタート時のコンセプトなども語られている。
                                     

4. 外部リンク

  • Kenichi Sakuragi - インターネット・ムービー・データベース (英語)
  • プロフィール - トライストーン・エンタテイメント
  • 桜木健一 - 日本映画データベース
  • 桜木健一 - allcinema
  • 宮土尚治 - KINENOTE
  • 桜木健一 - テレビドラマデータベース
  • 宮土尚治 - 日本映画データベース
  • 桜木健一 - KINENOTE
                                     
  • 桜木健一 郎が日本初の公選首相に当選した しかし 同じ日に北朝鮮軍が韓国に軍事侵攻を開始し第二次朝鮮戦争が勃発する 韓国では在韓邦人が取り残され虐殺される事態が発生するが 大橋内閣は右往左往するばかりで事態を解決する手段を持っていなかった 桜木 の元には大橋内閣を見限った若手官僚たちが結集し 桜木
  • 柔道一直線 で一躍スターダムにのし上がった 桜木健一 が熱血漢の新米刑事を演じたコメディタッチの刑事ドラマとしてスタート プロデューサーが 刑事コロンボ のヒットに目を付け 桜木 で刑事ものをと企画したことがきっかけだった しかし 桜木 は1971年当時23歳と若かったことから 新米刑事ものに
  • た 東宝でもこの人気にあやかり 柔道を題材にした映画を製作 基本的には 柔道一直線 との関連性は無いものの 主人公 大 木健一 役に 柔道一直線 で主人公 一条直也を演じた 桜木健一 健一 の級友 江藤雄二役に 柔道一直線 で直也のライバル 結城真吾を演じた近藤正臣をそれぞれ起用 そして擬斗にも 柔道一直線
  • 二人の忍者 猿飛佐助と霧隠才蔵の対決を軸とした スポ根時代劇 真田十勇士に入る前の佐助を主人公に展開する 猿飛佐助 桜木健一 戸沢白雲斎 露口茂 小夜 上村香子 六助 川口英樹 とよ 丹阿弥谷津子 海野義隆 山形勲 蓮海和尚 山田吾一 霧隠才蔵 篠田三郎 熊五郎 穂高正伸
  • L - 1011 トライスターの飛行シーンが使われている 松 木健一 桜木健一 進藤教官 中山仁 泉田 森本レオ 中倉雄作 東山敬司 石原純子 浅茅陽子 瞳順子 淡口潤 江藤潤 岡本稔 大和田獏 石谷 山下勝也 康二 宮田真 啓子 松坂慶子 松 木健 造 加藤武 章子 斎藤美和 時江 鳳八千代 花田 伴淳三郎
  • 桜木 の親交が出来た 2008年11月放送のドラマ パンダが町にやってくる 毎日放送制作 TBS系ひるドラ で 桜木健一 と吉沢京子で出演した 吉宗評判記 暴れん坊将軍 テレビ朝日 東映制作 以来26年ぶりの共演を果たした 桜木
  • 育児に明け暮れながら 仕事や恋に生きる物語 かつて ブラザー劇場 で放送された 刑事くん の 第1部から第3部まで主演した 桜木健一 の 最後の ブラザー劇場 主演作 桜木 は子連れの役柄は初挑戦であり 放送前の新聞記事の中では 共演者となる甥役の西川和孝を鍛える裏側で父親の愛情を見せていきたいと述べている
  • 1971年7月22日から10月14日まで NETテレビ 現 テレビ朝日 系で毎週木曜20: 00 - 20: 54に全13話が放送された 主演は同じ梶原一騎原作の 柔道一直線 に引き続き 桜木健一 と吉沢京子が務めた 原作者の梶原が ワンシーンだけ出演している 視聴率を取れず 1クールで終了した 監督の奥中惇夫は 柔道一直線 からの流れで
  • 林で書いた詩は 1974年11月24日にTBSテレビの日曜劇場で放映されたテレビドラマ 制作は北海道放送 HBC 脚本 市川森一 監督 演出 長沼修 音楽 深町純 桜木健一 香山美子 金田竜之介 浜村純 一般社団法人 日本脚本アーカイブズ推進コンソーシアム デジタル脚本アーカイブズ 市川森一の世界 林で書いた詩 - テレビドラマデータベース
  • 第に姫も源九郎への恋心を抱くようになる この源九郎と弥々姫 宮尾とのやりとりも見どころの1つであった 旅の一行は 弥々姫や宮尾の他に 又八 演 桜木健一 と鉄心和尚 演 龍虎 密偵のお夕 演 森マリア とお秀 演 清水石あけみ 諸国見聞の旅の間の留守番としては 石谷隼人正 演 長門裕之 決めセリフは