ⓘ 桜木紫乃. 桜木 紫乃 (さくらぎ しの、1965年4月19日 - )は、日本の小説家、詩人。北海道釧路市生まれ。江別市在住。 ..

                                     

ⓘ 桜木紫乃

桜木 紫乃 (さくらぎ しの、1965年4月19日 - )は、日本の小説家、詩人。北海道釧路市生まれ。江別市在住。

                                     

1. 経歴・人物

釧路市立北中学校卒業。北海道釧路東高等学校卒業。中学生の時に原田康子の『挽歌』に出会い文学に目覚める。高校時代は文芸クラブに所属。高校卒業後、裁判所でタイピストとして勤めたが、24歳で結婚して退職し、専業主婦となる。夫の転勤に従って釧路市、網走市、留萌市などに住む。27歳で男児を出産。2人目の子供(女児)を出産直後に小説を書き始め、原田康子も所属した文芸誌「北海文学」の同人として活動。2007年に『氷平線』で単行本デビュー。

金澤 伊代 名義で詩人としても活動しており、詩集も刊行している。山内惠介の演歌の作詞をいくつか手がけている。

ゴールデンボンバーのファンとしても知られており、直木三十五賞受賞の記者会見では鬼龍院翔が愛用しているタミヤロゴ入りTシャツを着用したほど。のちにラジオ「鬼龍院翔のオールナイトニッポン」で鬼龍院翔とは初対面も果たした。ストリップのファンでもあり、札幌道頓堀劇場に通っていた。

STVラジオ『貴族の時間』のリスナーであり、オンドレさくらぎの名前でメッセージを投稿している。

2013年9月25日、釧路市観光大使に任命される。

NHK北海道地方放送番組審議会の委員なども務めた。

                                     

2. 作風

作品のほとんどは北海道、特に釧路市近辺を舞台としている。「新官能派」のキャッチコピーでデビューした性愛文学の代表的作家であるが、人間の本能的な行為としての悲哀という描き方であり、過激さは低い。実家は理容室であったが、15歳のときに父親が釧路町に「ホテルローヤル」というラブホテルを開業し、部屋の掃除などで家業を手伝っていたという経験が性愛への冷めた視点を形成したという。代表作『ホテルローヤル』をはじめ、いくつかの作品に同名のラブホテルが登場する。

                                     

3. 文学賞受賞・候補歴

  • 2005年 - 「霧灯」で第12回松本清張賞候補。
  • 2020年 - 『家族じまい』で第15回中央公論文芸賞受賞。
  • 2016年 - 『蛇行する月』で第1回北海道ゆかりの本大賞受賞。
  • 2002年 - 「雪虫」で第82回オール讀物新人賞受賞。
  • 2013年 - 『ラブレス』で第19回島清恋愛文学賞受賞。『ホテルローヤル』で第149回直木三十五賞受賞。
  • 2001年 - 「瑠璃色のとき」で第35回北海道新聞文学賞候補。
  • 2012年 - 『ラブレス』で第146回直木三十五賞候補、第14回大藪春彦賞候補、第33回吉川英治文学新人賞候補。第41回釧新郷土芸術賞受賞。
                                     

4. 作品

  • 収録作品:雪虫 / 霧繭 / 夏の稜線 / 海に帰る / 氷の棺 / 氷平線
  • 氷平線(2007年11月 文藝春秋 / 2012年4月 文春文庫)
  • 風葬(2008年10月 文藝春秋 / 2016年12月 文春文庫)
  • 恋肌(2009年12月 角川書店)
  • 収録作品:恋肌 / 海へ / プリズム / フィナーレ / 絹日和 / 根無草
  • 凍原(2009年10月 小学館 / 2012年6月 小学館文庫)
  • ワン・モア(2011年11月 角川書店 / 2015年1月 角川文庫)
  • 硝子の葦(2010年9月 新潮社 / 2014年5月 新潮文庫)
  • 起終点駅 (ターミナル) (2012年4月 小学館 / 2015年3月 小学館文庫)
  • ラブレス(2011年8月 新潮社 / 2013年12月 新潮文庫)
  • 収録作品:かたちのないもの / 海鳥の行方 / 起終点駅 / スクラップ・ロード / たたかいにやぶれて咲けよ / 潮風の家
  • ホテルローヤル(2013年1月 集英社 / 2015年6月 集英社文庫)
  • 誰もいない夜に咲く(2013年1月 角川文庫)
  • 収録作品:波に咲く / 海へ / プリズム / フィナーレ / 風の女 / 絹日和 / 根無草
  • 蛇行する月(2013年10月 双葉社 2016年6月 双葉文庫)
  • 無垢の領域(2013年7月 新潮社 2016年1月 新潮文庫)
  • 星々たち(2014年6月 実業之日本社 / 2016年10月 実業之日本社文庫)
  • 収録作品:ひとりワルツ / 渚のひと / 隠れ家 / 月見坂 / トリコロール / 逃げてきました / 冬向日葵 / 案山子 / やや子
  • それを愛とは呼ばず(2015年3月 幻冬舎 / 2017年10月 幻冬舎文庫)
  • 緋の河(2019年6月 新潮社)
  • 霧(2015年9月 小学館 / 2018年11月 小学館文庫)
  • 家族じまい(2020年6月 集英社)
  • 裸の華(2016年6月 集英社)
  • 氷の轍(2016年9月 小学館)
  • おばんでございます(2020年11月 北海道新聞社)エッセイ・対談
  • 砂上(2017年9月 角川書店)
  • 光まで5分(2018年12月 光文社)
  • ブルース(2014年12月 文藝春秋 / 2017年11月 文春文庫)
  • 俺と師匠とブルーボーイとストリッパー(2021年2月 KADOKAWA)
  • ふたりぐらし2018年7月 新潮社 / 2021年3月 新潮文庫


                                     

4.1. 作品 作詞

  • 山内惠介「青い旅人」
                                     

4.2. 作品 金澤伊代名義

  • 雨の檻(2000年2月 私家版)
  • 海のかたち(1998年8月 緑鯨社)
  • 午後の天気図(2000年7月 IYO・ROOM)


                                     

5.1. 映像化作品 テレビドラマ

  • ABC創立65周年記念スペシャルドラマ 氷の轍(2016年11月5日、全1話、テレビ朝日 ABC、監督:瀧本智行、主演:柴咲コウ)
  • 硝子の葦 〜garasu no ashi〜(2015年2月21日 - 3月14日、全4話、WOWOW「連続ドラマW」、監督:三島有紀子、主演:相武紗季)
                                     

5.2. 映像化作品 映画

  • ホテルローヤル(2020年公開予定、配給:ファントム・フィルム、監督:武正晴)
  • 起終点駅 ターミナル(2015年11月7日公開、配給:東映、監督:篠原哲雄、主演:佐藤浩市)
                                     

6.1. 出演 テレビ番組

  • 宮崎美子のすずらん本屋堂(2014年7月4日、BS11)
  • 笑っていいとも!(2013年8月23日、フジテレビ) - 「テレフォンショッキング」のコーナーに出演。
  • にほん風景物語(2014年7月8日、BS朝日)
  • ゴロウ・デラックス(2013年11月21日、TBS)
  • 加藤浩次の本気対談!コージ魂!!(2014年1月19日、BS日テレ)
                                     

6.2. 出演 ラジオ番組

  • 鬼龍院翔のオールナイトニッポン(2013年8月26日、ニッポン放送)
                                     
  • ホテルローヤル は 桜木紫乃 による小説短編集 2013年1月4日に集英社から刊行されたのち 2015年6月25日に文庫化された 第149回直木賞受賞 2020年10月時点で累計発行部数は100万部を突破している 湿原に建つラブホテルでそれぞれ問題を抱える宿泊客 経営者家族 そして従業員が織りな
  • それを愛とは呼ばず それをあいとはよばず は 日本の小説家 桜木紫乃 によるサスペンス小説である 2013年10月から日刊ゲンダイに連載 釧路新聞 静岡新聞 愛媛新聞 秋北新聞 陸奥新報 佐賀新聞 南日本新聞など全国16紙に配信され 単行本化に際して 加筆 修正した 単行本は 2015年3月12日
  • 新井理恵の漫画 - 新井理恵の漫画 LOVELESS 高河ゆんの漫画 - 高河ゆんの漫画 およびそれを原作としたアニメ ラブレス 桜木紫乃 の小説 - 桜木紫乃 の小説 ロバート ウォルドーフ ラブレス - アメリカのナイフメイカー Loveless - 北出菜奈らによるロックバンド ラヴレス
  • 雪虫 ゆきむし 昆虫 雪虫 - トドノネオオワタムシなどの昆虫の愛称 小説 雪虫 桜木紫乃 - 2002年にオール讀物新人賞を受賞した 桜木紫乃 の小説 雪虫 - 堂場瞬一の警察小説 村山由佳の小説 星々の舟 の一章 雪虫 楽曲 ユキムシ - KinKi Kidsの楽曲 32ndシングル変わったかたちの石に収録
  • 起終点駅 ターミナル は 桜木紫乃 による2012年刊行の小説短編集であり その表題作である 釧路市ほか北海道を舞台とする 表題作は2015年に映画化された かたちないもの 海鳥の行方 起終点駅 ターミナル スクラップ ロード たたかいにやぶれて咲けよ 潮風 かぜ の家 単行本 - 2012年4月16日 小学館 ISBN
  • ホテルローヤル Hotel Royal ホテルローヤル 桜木紫乃 ホテルローヤル 北海道 - 北海道伊達市にあるホテル 上の作品とは無関係 ロイヤル ホテル
  • 硝子の葦 がらすのあし は 桜木紫乃 による小説 ラブホテルを経営する40歳近く歳の離れた母の愛人だった男と結婚した女の平穏だが色彩に乏しい日常生活が 夫の交通事故をきっかけに大きく崩れ始める 釧路湿原を臨むラブホテル ホテルローヤル を経営する幸田喜一郎は40歳近く歳の離れた節子と三度目の結婚
  • 2013年の文学 2013ねんのぶんがく では 2013年 平成25年 の文学に関する出来事について記述する 1月4日 - 桜木紫乃 の ホテルローヤル 集英社 が発売される 同書はトーハン発表の 2013年年間ベストセラー 総合14位を記録した 1月16日
  • サンミア市のやさしい鉄道員たち でデビューした 受賞した際のペンネームは 桜木紫 築 綾辻行人の小説 Another の登場人物 桜木 ゆかりに因む であったが 桜木紫乃 とかぶるためデビューに際して改名している 乗り物全般を好み 特に路面電車と軍艦を好むという うみまち鉄道運行記