ⓘ 櫻田嘉章. 櫻田 嘉章 ( さくらだ・よしあき 、1944年6月- )は、日本の法学者、弁護士。京都大学名誉教授。甲南大学法科大学院教授。専門は国際私法。 ..

                                     

ⓘ 櫻田嘉章

櫻田 嘉章 ( さくらだ・よしあき 、1944年6月- )は、日本の法学者、弁護士。京都大学名誉教授。甲南大学法科大学院教授。専門は国際私法。

                                     

1. 人物

大阪府出身。父は憲法学者で関西大学名誉教授の桜田誉。指導教官は溜池良夫。1993年から2000年までの間、旧司法試験考査委員国際私法を務めた。

                                     

2. 経歴

  • 1980年10月 - 北海道大学法学部教授
  • 2009年8月 - アンダーソン・毛利・友常法律事務所顧問 2018年9月まで
  • 1994年 - ドイツ連邦共和国マールブルク大学法学部客員教授 1996年まで)
  • 1992年4月 - 京都大学大学院法学研究科教授
  • 2009年6月 - 弁護士登録第一東京弁護士会
  • 1963年3月 - 大阪府立茨木高校卒業
  • 1975年10月 - 北海道大学法学部助教授
  • 2018年10月-現在 - 三宅法律事務所客員弁護士
  • 2004年3月 - 京都大学定年退官、京都大学名誉教授。
  • 1985年4月 - 京都大学法学部教授
  • 1968年3月 - 京都大学法学部卒業
  • 1971年 - ドイツ連邦共和国マックス・プランク外国私法・国際私法研究所客員研究員 1974年まで
  • 1988年 - パリ第1大学法学部・ハーバード大学法科大学院客員研究員 1989年まで)
  • 1970年3月 - 京都大学大学院法学研究科博士前期課程修了 法学修士
  • 1975年9月 - 京都大学大学院法学研究科博士後期課程単位取得満期退学
  • 2004年4月-現在 - 甲南大学法科大学院教授
                                     

3. 業績

  • 「明治初年における国際私法立法」"The Private International Legislation in the Meiji First Years" 甲南法務研究10巻31-45頁,2014年
  • 「我が国における契約準拠法の歴史的検討」 法学論叢146巻3・4号26-75頁,2000年1月
  • 「ドイツにおける国際私法の生成前史」 法学論叢144巻4・5号44-65頁,1999年2月
  • 「注釈国際私法 第1巻・第2巻」共編(2011.12,有斐閣)
  • 「黎明期の我が国際民事訴訟法」 法学論叢142巻5・6号46-79頁,1998年3月
  • 「契約の準拠法 特集 国際取引法--その課題と展望--学会創立50周年記念・法令施行100周年記念」 国際私法年報2号1-68頁,2000年
  • 「サヴィニーの国際私法理論(1) -殊にその国際法的共同体の観念について-」 北大法学論集33巻3号589-670頁,1982年
  • 「座談会 日本法の国際化--国際私法の視点から 特集 日本法の国際化 -- 国際私法」共編 ジュリスト1232号88-110頁,2002年10月
  • 「ハーグ国際法アカデミー海外研修計画東京会期--経済的技術協力の法的側面」共編 ジュリスト663号80-87頁,1978年5月, NAID 40001751394
  • 「「国際私法の基礎理論(4)」訳書 北大法学論集33巻6号1637-1653頁,1983年
  • 「「国際私法の基礎理論(5)」訳書 北大法学論集34巻1号183-214頁,1983年
  • "The Origin and Evolution of Private International Law in Japan"「明治初期における国際私法の生成・発展」 Japanese Yearbook of International Law56巻164-180頁(2014年)
  • 「座談会 法適用通則法の成立をめぐって 特集1 法の適用に関する通則法の成立--法例の全面改正」共編 ジュリスト1325号2-39頁,2006年12月
  • 「熊野敏三による「国際法」及び「佛蘭西民法前加巻講義」」『甲南法務研究』 15号1-28頁,2019年3月
  • 「相続の準拠法 家庭裁判所制度50周年記念 家庭裁判所家事・少年実務の現状と課題 -- 家事編--渉外家事事件」 判例タイムズ50巻11号187-191頁,1999年5月
  • 「サヴィニーのパンデクテン講義 -一八四〇/四一年冬ゼメスター講義の筆記録より国際私法の部分について-」 北大法学論集33巻3号954-944頁,1982年
  • 「Die Reform des japanischen Internationalen Privatrecht,」RabelsZ Bd.76 Heft 12012S.86-130
  • 「(書評)森征一著「「バルトルス・デ・サッソフェラート「條例衝突理論」概観―中世イタリア法学 Mos Italicus研究序説―」法学研究第五五巻第三号」」『法制史研究』 1983巻 33号 p.322-326, 1983年 doi:10.5955/jalha.1983.322
  • 「座談会 「法例」--現状と課題、将来への展望 特集 法例制定100年 現状と立法課題」共編 ジュリスト1143号4-29頁,1998年10月
  • 「民法の効力に関するアンソロジー」『甲南法務研究』 13号1-36頁,2017年3月 doi:10.14990/00002331
  • 「「国際私法の基礎理論(一)」訳書 北大法学論集30巻2号455-473頁,1979年
  • 「演習国際私法CASE30』有斐閣,2016年10月 doi:10.14990/00002320
  • 「「国際私法の基礎理論(6)」訳書 北大法学論集34巻2号421-442頁,1983年
  • 「国際私法の基礎理論」 (2000.9,成文堂)
  • 「ロースクール・国際私法・国際民事手続法」(第3版)共編著(2012.4,有斐閣)
  • 「ハーグ国際私法条約と一般公序条項」 法学論叢134巻5・6号107-134頁,1994年3月
  • 「民法の効力に関するアンソロジー補遺」『甲南法務研究』 14号11-40頁,2018年3月 doi:10.14990/00002956
  • 「国際私法判例百選 第2版」 別冊ジュリスト483, 1-264, 2012-06
  • 「サヴィニーの国際私法理論(2) -殊にその国際法的共同体の観念について-」 北大法学論集33巻4号1039-1107頁,1983年
  • 「明治6年太政官布告第103号について (その一)」 甲南法務研究12号1-31頁,2016年3月
  • 「渉外訴訟における証拠・証明--ダグマ-・ケスタ-=ヴァルティエン著「国際証拠・証明法」の紹介」共編 判例タイムズ37巻46号124-154頁,1986年10月
  • 「国際私法第6版」有斐閣,2012年12月
  • 「「国際私法の基礎理論(8)」訳書 北大法学論集34巻5号919-945頁,1984年
  • 「「国際私法の基礎理論(3)」訳書 北大法学論集33巻5号1325-1357頁,1983年
  • 「サヴィニーにおける準拠法決定の在り方について」 法学論叢126巻4-6号179-237頁,1990年3月
  • 「普通取引約款とひな型契約」訳書 北大法学論集28巻1号1-14頁,1977年
  • 「渉外的法律行為における証拠・証明方法の制限規定の取扱いについて」 法学論叢132巻4-6号138-162頁,1993年3月
  • 「サヴィニーの国際私法理論(4・完) -殊にその国際法的共同体の観念について-」 北大法学論集35巻3・4合併号319-366頁,1984年
  • 「改正前法例第30条について」 法学論叢138巻1-3号169-190頁,1995年12月
  • 「「国際私法の基礎理論(2)」訳書 北大法学論集30巻3号583-603頁,1979年
  • 「サヴィニーの国際私法理論(3) -殊にその国際法的共同体の観念について-」 北大法学論集33巻6号1463-1494頁,1983年
  • 「「国際私法の基礎理論(7)」訳書 北大法学論集34巻3・4合併号685-738頁,1983年
  • 「2000年のハーグ「成年者の国際的保護に関する条約」について」 ケース研究2000巻2号3-20頁,2000年8月
  • 「サヴィニーのパンデクテン講義(2) -一八四〇/四一年冬ゼメスター講義の国際私法の部分について-」 北大法学論集35巻5号672-643頁,1985年


                                     

4. 外部リンク

  • 弁護士法人三宅法律事務所弁護士等紹介- 櫻田 嘉章
  • 甲南大学法科大学院みなし専任教員紹介- 櫻田 嘉章
  • 甲南大学研究者詳細- 櫻田 嘉章
                                     
  • 2009年 高桑昭 新 裁判実務大系 3 国際民事訴訟法 財産法関係 青林書院, 2002年 櫻田嘉章 国際民事手続法 cases & materials 有斐閣, 2004年 櫻田嘉章 ロースクール国際私法 国際民事手続法 有斐閣, 2005年 第2版, 2007年
  • 賞受賞者であり 同財団初代理事長であるヴェルナー ハイゼンベルクの名が冠せられている 飯島宗一 岩崎英二郎 翠川修 山崎和夫 沼正作 小塩節 廣渡清吾 櫻田嘉章 縣公一郎 小平桂一 以上は 当該財団本部直接提供の情報に基づく ヴェルナー ハイゼンベルク アレクサンダー フォン フンボルト財団
  • 職員は 総会が設ける規則に従って事務総長が任命する 裁判例結果詳細 最高裁判所. 2021年1月8日閲覧 河野真理子 裁判権免除 櫻田嘉章 道垣内正人編 国際私法判例百選 新法対応補正版 有斐閣 2007年 164頁 横田洋三 国連大学の裁判権免除 - 国連大学事件 山本草二 古川照美
  • 江泉芳信 比較法学52巻1号208 - 225頁 2018 アメリカ合衆国の州裁判所における準拠法の解釈方法 青山法学論集57巻4号203 - 215頁 2016 留置権 櫻田嘉章 道垣内正人編 国際私法判例百選 第2版 58頁 2012 国際私法における相続人の不存在 - - 結果志向の法思考の批判検討 - - 早稲田法学87巻3号1頁 2012
  • 開拓者たち - その先へ - 沢崎敦一 顧問 河合伸一 - 元 最高裁判事 森清圀生 - 元 通商産業省通商政策局次長 阪田雅裕 - 元 内閣法制局長官 櫻田嘉章 - 京都大学名誉教授 甲南大学教授 加藤新太郎 - 元 東京高等裁判所部総括判事 門口正人 - 元 名古屋高等裁判所長官 一條實昭 - 元 パートナー
  • 熊沢誠 経済学部 労使関係論 社会政策論 合田昌史 文学部 ポルトガル スペイン史 小谷博泰 文学部 国語学 児玉善仁 文学部 イタリア史 斉藤豊治 法学部 刑法 櫻田嘉章 法科大学院 国際私法 佐藤文隆 理工学部 宇宙物理学 理論物理学 寿岳文章 文学部 英文学 書誌学 甲南学園歌を作詞 新間一美 文学部 国文学
  • 1957年 昭和32年 生まれ 分子生物学者 石原俊彦 - 1960年 昭和35年 5月生まれ 会計学者 熊谷英彦 - 1940年 昭和15年 10月生まれ 農芸化学者 櫻田嘉章 - 1944年 昭和19年 6月13日生生まれ 法学者 弁護士 佐久間毅 - 1963年 昭和38年 3月7日生まれ 法学者 土居丈朗
  • 日本の歴史学者 元弘前大学専任講師 下宮忠雄 日本の言語学者 元弘前大学人文学部講師 英語学 三谷栄一 日本の国文学者 中古文学専攻 元弘前大学教授 西野 嘉章 日本の文化財保存科学 博物館工学 美術史学者 元弘前大学准教授 須田朗 日本の哲学研究者 元弘前大学准教授 及川馥 日本の文学者 元弘前大学教官