ⓘ 桜井龍子. 桜井 龍子 (さくらい りゅうこ、1947年1月16日 - )は日本の元最高裁判所判事。元労働省官僚。福岡県大牟田市出身。 ..

                                     

ⓘ 桜井龍子

桜井 龍子 (さくらい りゅうこ、1947年1月16日 - )は日本の元最高裁判所判事。元労働省官僚。福岡県大牟田市出身。

                                     

1. 人物

福岡県立大牟田北高等学校を経て1969年(昭和44年)九州大学法学部卒業後、国家公務員採用上級甲種試験(区分・法律)に合格。

  • 1986年(昭和61年)4月 労働省労政局労政課中小企業労働対策室長
  • 2018年(平成30年)4月29日 旭日大綬章受章
  • 2008年(平成20年)4月 衆議院事務局情報公開苦情審査会委員
  • 1992年(平成4年)7月16日 労働省労政局勤労者福祉部企画課長
  • 2004年(平成16年)6月 大阪大学大学院法学研究科招へい教授(労働法)
  • 2001年(平成13年)1月5日 辞職
  • 1995年(平成7年)5月12日 労働省大臣官房付
  • 2001年(平成13年)4月1日 内閣府情報公開審査会委員(第三部会長)
  • 1988年(昭和63年)6月2日 日本労働協会へ出向
  • 1970年(昭和45年)4月労働省入省。
  • 2007年(平成19年)4月 九州大学法学部客員教授(労働法)
  • 1990年(平成2年)8月 労働省婦人局婦人福祉課長
  • 1997年(平成9年)7月1日 労働大臣官房審議官(労政担当)
  • 2017年(平成29年)8月 九州大学東京同窓会会長
  • 2018年(平成30年)九州大学法学部東京同窓会会長
  • 2017年(平成29年)1月15日 定年退官
  • 1995年(平成7年)6月 労働省労政局勤労者福祉部長
  • 1998年(平成10年)6月 労働省女性局長(51歳)
  • 2008年(平成20年)9月11日 最高裁判所判事(横尾和子の後任、女性3人目、初の戦後生まれ)
  • 1995年(平成7年)5月12日 自治省大臣官房付(自治省へ出向)
  • 1993年(平成5年)4月1日 大阪府生活文化部長
                                     

2. 裁判

  • 2010年、オウム真理教元教祖麻原彰晃の再審請求棄却。
  • 2009年4月13日 御殿場事件で被告人4名の上告を棄却(全員一致、裁判長)。
  • 2015年12月3日、1997年の三重県上野市でのホテル強盗殺人事件で、時効撤廃後の起訴を合憲とする判決。
  • 2015年2月2日、秋葉原通り魔事件の上告を棄却、死刑判決が確定。
  • 2013年10月16日、名張毒ぶどう酒事件第7次再審請求の名古屋高裁による却下判決を支持、特別抗告を棄却。
  • 2014年12月、携帯電話の途中契約解約金訴訟で、消費者団体側の上告を退ける決定。
  • 2012年1月16日、君が代処分取消訴訟で、戒告処分を違法ではないとし、減給処分および停職処分を違法とする多数意見(補足意見を執筆)。
  • 2011年3月10日、大阪・愛知・岐阜連続リンチ殺人事件で元少年3人の上告を棄却、3人全員を死刑とした名古屋高裁判決を確定。
  • 2012年2月20日、光市母子殺害事件で元少年の上告を棄却、被告を死刑とした広島高裁差し戻し審判決を確定。
  • 2014年10月23日、妊娠を機に長時間労働の部署から短時間労働の部署に移り、副主任の座を後輩に譲った病院勤務の女性が出産後に副主任の地位に戻る事を求め起こした裁判、俗にいうマタハラ訴訟。妊娠がきっかけの降格は違法で無効とする判断を示した。
  • 2011年6月6日、村上ファンド事件で村上ファンド元代表の村上世彰の上告を棄却、懲役2年、執行猶予3年、罰金300万円、追徴金約11億4900万円とした東京高裁判決を確定。
  • 2010年10月26日 日本航空機駿河湾上空ニアミス事故で、業務上過失傷害罪に問われた航空管制官2人の上告を棄却する決定で、無罪とする反対意見。
                                     

3. 国民審査

  • 2009年8月30日 第21回最高裁判所裁判官国民審査(第45回総選挙と同時) - 罷免を可としないが6228万2623、可とするが465万6462で信任。
                                     
  • 西鉄バス大牟田 吉野原 バス停より徒歩4分 最寄りの道路 福岡県道782号倉永三池線 日野晃博 - レベルファイブ 社長 内田麟太郎 - 児童文学作家 桜井龍子 - 最高裁判所判事 下地敏雄 - 教育アドバイザー 萩尾望都 - 漫画家 女子美術大学客員教授 文化功労者 2012年春に少女漫画家では初となる紫綬褒章を受章
  • 2011年7月7日午後3時 最高裁判所第一小法廷で 桜井龍子 裁判長が 上告棄却の判決を下す 罰金20万円の判決が確定する 判決理由で 大声や怒号を発するなどして式の円滑な進行を妨げたことは明らかだ としている 桜井龍子 宮川光治 金築誠志 横田尤孝 白木勇の 裁判官5人全員一致の判決
  • 2013年2月6日 最高裁判所判事に就任 2012年12月26日に定年退官した須藤正彦の後任である 高橋久子 横尾和子 桜井龍子 岡部喜代子に続く史上5人目の女性の最高裁判所判事である 彼女の就任により 2013年2月6日から現職の最高裁判所裁判官15名中3名が女性になり
  • 命が失われた結果は重大 事件の中で重要な役割を果たしており 死刑はやむをえない などと述べた 同年2月28日 Iの上告審でも最高裁判所第1小法廷 桜井龍子 裁判長 により上告が棄却され 死刑が確定した 2021年現在 死刑が確定したS W Iの死刑囚3名は東京拘置所に収監されている なお 同一事件で
  • 的だと非難しつつ 起訴の対象ではない市場操作的な面を量刑上あまりに強調すべきではないと指摘している 2011年6月6日 最高裁判所の第1小法廷 桜井龍子 裁判長 は村上の上告を棄却し 懲役2年 執行猶予3年 罰金300万円 追徴金約11億4900万円とした東京高裁判決が確定した 5人の裁判官全員一致
  • 2009年5月 収監 2011年9月に仮釈放され 2012年8月に刑期が満了する 旧コスモ信用組合の乱脈融資事件で 背任罪に問われた泰道ら5人の上告について 最高裁第1小法廷 桜井龍子 裁判長 は2009年3月27日までに いずれも棄却する決定をした 1審の初公判から12年半を経て 泰道を懲役3年6月の実刑に 元副理事長佐藤丈次ら
  • で 配給会社の利益を侵害した として カナリオ企画にのみ各12万円を支払うよう両社に命じた 2009年に最高裁に上告した 2011年12月8日 桜井龍子 が裁判長の最高裁は2審知財高裁の判決を破棄し原告の請求を退け 上告は棄却された 裁判官の意見は全員一致 判決は ベルヌ条約は普遍的価値を有する一
  • 広島地裁民事第3部 金村敏彦裁判長 広島高等裁判所 小林正明裁判長 とも原告 足立の敗訴 請求棄却 とする判決を言い渡し 最高裁判所第一小法廷 桜井龍子 裁判長 から2011年10月13日付で上告棄却決定を受けたことで敗訴が確定した 1995年に広島県大竹市でスピード違反で検挙された際に 一種のお
  • リー の解散の翌月 水族館に再度請われ 榎本健一を代表に 間野玉三郎 中村是好 堀井英一の4人で 第2次カジノ フォーリー が発足した その後 梅園 龍子 のちに榎本の妻となる花島喜世子 吉住芳子 山原邦子 山路照子 三條綾子 望月美恵子らが出演した 当時は川端康成や武田麟太郎 堀辰雄などが常連客であ
  • 岩瀬 川谷拓三 古橋末吉 遠山金次郎 小原武 土橋勇 湯浅英雄 有川正治 桜井 銀三 波多野博 村島光治 宮城幸生 伴野虎吉 池田謙治 橋爪剛 宮谷春夫 三坂七郎 秋山勝俊 有馬初次郎 村居京之輔 時枝弓子 岡田千代 川原まさ子 東 龍子 林 大城泰 女子プロレスラー 丸平峰子 紙谷外美 京めぐみ 親分 疋田泰盛 有島淳平
  • 東北大学 - 4名 坂本吉勝 大堀誠一 池上政幸 菅野博之 一橋大学 - 3名 松本正雄 山浦善樹 戸倉三郎 九州大学 - 2名 谷口正孝 桜井龍子 名古屋大学 - 2名 北川弘治 宮川光治 日本大学 - 2名 河村大助 城戸芳彦 法政大学 - 2名 小谷勝重 遠藤光男 早稲田大学