ⓘ 櫻川千代助. 櫻川 千代助 (さくらがわ ちよすけ、1955年10月25日 - )は梅后流江戸芸かっぽれの家元で現在(2015年10月以降)の芸名は 櫻川 ( さくらがわ ) 寶 ( たか ..

                                     

ⓘ 櫻川千代助

櫻川 千代助 (さくらがわ ちよすけ、1955年10月25日 - )は梅后流江戸芸かっぽれの家元で現在(2015年10月以降)の芸名は 櫻川 ( さくらがわ ) 寶 ( たから ) の 入舟 ( いりふね ) 、本名は近藤 貴裕。日本に4名しかいない幇間(太鼓持ち)でもある。日本舞踊、獅子舞、仁羽(ひょっとこ)、三味線など数々の江戸芸に精通した「粋人(スイジン)」。

                                     

1. 芸歴

  • 2003年 「梅后流江戸芸かっぽれ」家元を襲名。
  • 2005年 日本舞踊「西川流(家元・西川右近)」師範となる
  • 1977年 東京ヒルトンホテル退職。芸能活動のかたわらに、絵画や化粧品のセールスなどを始める。この仕事でお客さんの気持ちをつかむコツを身につけ現在の芸に活かされている。
  • 1996年 浅草見番から吉原に籍を移す。「櫻川千代助」と改名。
  • 1955年「梅后流江戸芸かっぽれ」宗家、櫻川梅后の長男として東京浅草に生まれる。櫻川萬作の芸名で幼少の頃より「梅后流江戸芸かっぽれ」の修行に励み、お座敷芸・踊り・獅子舞・三味線・東八拳など数々の伝統的遊芸を身につける。
  • 1995年 梅后流とは別に「櫻川流江戸芸かっぽれ」を創設する。櫻川流では、かっぽれをはじめとして、獅子舞、仁羽、日舞など、梅后流ではできない活動を行っている。
  • 2010年 二世西川鯉三郎の直弟子である西川鯉貴与に師事し、西川貴与三朗を拝命。最近では、TV、ラジオ、ドラマ、マスコミ方面でも幅広い芸域で活動する。さらに、出演したドラマでは、演者としてだけでなく振り付け指導を行う。常にひと味違った存在感を示し「人間通」「通人の域」を体現する数少ない「粋人」と称されている。
  • 2008年 現在、全国に4.500人以上の弟子を抱える梅后流江戸芸かっぽれの家元として踊りの指導にあたる。また、幇間(太鼓持ち)としても、全国各地のお座敷を始め、劇場・ホール・寄席などにも出演。
  • 1985年 遊芸に更に磨きをかけプロとなるため、幇間芸の名人である悠玄亭玉介に弟子入りする。芸の基礎ができていたので、弟子入りしてすぐに悠玄亭萬作として、浅草見番からお披露目をし一本立ち。
  • 1989年 高校の同級生である元横綱千代の富士関現・九重親方より「千代」の文字をもらい、萬作改め「悠玄亭千代介」と改名。
  • 芸名の新襲名を累ね、近年では 櫻川千代太郎 から2002年に 櫻川千代助 、2015年(平成27年)10月25日還暦へ 櫻川寶の入舟 と改めた。
                                     

2. 梅后流江戸芸かっぽれとは

かっぽれの始まりには諸説あり、真実ははっきりしていない。一般的には、江戸時代の大阪・住吉大社で五穀豊穣を願った「住吉踊り」に始まったと言われる。その後、お座敷芸へと変わっていき、幇間(太鼓持ち)や落語家などの踊りとして定着していった。 最盛期は、江戸末期から明治までであり、大正、昭和とときを経るに連れ人気は下火となっていく。

現在のかっぽれは、昭和40年に主婦近藤才子(現、梅后流江戸芸かっぽれ宗家、櫻川梅后)が初代櫻川ぴん助師匠のかっぽれ道場に入門したことから始まる。近所の奥さんに頼まれてかっぽれを教えたのが梅后流かっぽれの始まり。櫻川梅后はお座敷芸であるかっぽれを、浅草サンバカーニバルを見た時パレードのできる大道芸に発展させようと思いつき、その結果、現在全国4.500人の門弟を抱えるまでに発展。 梅后流江戸芸かっぽれは、数々の文化功労により、文部大臣賞・東京都文化功労賞などを受賞。 また、日本の古典文化を世界に伝えるためヨーロッパをはじめとして、中国・ハワイ・アメリカなどの式典に招待され、日本はもちろんのこと海外にまで活動の場を広げている。

                                     

3. 幇間(太鼓持ち)とは

2008年現在、幇間は日本で四名のみで、その中のひとりが櫻川千代助である。 本来、太鼓持ちは俗称で、幇間が正式名称である。「幇」は助けるという意味で、「間」は人と人の間、すなわち人間関係をあらわす意味。この二つの言葉が合わさって、人間関係を助けるという意味となる。宴会の席で接待する側とされる側の間、客同士や客と芸者の間、雰囲気が途切れた時楽しく盛り上げるために繋いでいく遊びの助っ人役が、幇間すなわち太鼓持ちである。

                                     

3.1. 幇間(太鼓持ち)とは 太鼓持ちの名前の由来

太鼓持ちの名前の由来は、諸説あり、その中からひとつを紹介する。 太閤秀吉の御伽衆で、非常に機知に富んだ曽呂利新左衛門いう侍がいた。秀吉の機嫌が悪そうな時は、「太閤、いかがで、太閤、いかがで」と、太閤を持ち上げて機嫌取りをしていたため、機嫌取りが上手な人を「太閤持ち」から「太鼓持ち」と言うようになったと言われている。ただし曽呂利新左衛門は実在する人物かどうかも含めて謎が多い人物なので、単なる伝承である可能性も高い。

日本古来から習慣となっている、宴会= 宴 (うたげ)は、節日に五穀豊穣と八百万の神を崇拝し、お神酒や供物を、神仏と共に食する直会の「打上げ」から来ていると言われる。

専業の幇間は元禄の頃(1688年 - 1704年)に始まり、揚代を得て職業的に確立するのは宝暦(1751年 - 1764年)の頃とされる。江戸時代では吉原の幇間を一流としていたと伝えられる。

                                     

4. 著作

  • 笑いを呼ぶ人は成功をする(サンマーク出版/2000年2月25日発売)
  • ヘイ、太鼓もちがまいりました!(PHP研究所/1995年10月19日発売)
                                     

5. CD

アナログ盤
  • カッコイイ奴!(キャニオン/1981年11月発売)
CDシングル
  • 拝啓 夢殿(作詞・作曲:梶原茂人/編曲:田崎 秀)
  • 拝啓 夢殿(日本クラウン/2001年10月24日発売)※櫻川千代太郎名義
  • 南風吹いて(作詞:円香乃/作曲・編曲・英詞:Gary SCOTT)
  • 浅草のバラード(作詞・作曲:池田大其/編曲:高田ヒロシ)
  • ヨッ!太鼓持ち(日本コロムビア/1998年11月発売)
  • ヨッ!太鼓持ち
CDアルバム
  • 浅草大音頭(作詞・作曲:水野松也/編曲:内田拓夫)
  • 浅草のバラード(作詞・作曲:池田大其/編曲:安田 光)
  • みかんぶね(インディーズ/2003年9月発売)
  • smiling(作詞・作曲:水野松也/編曲:内田拓夫)
  • ヨッ!太鼓持ち(作詞・作曲:池田大其/編曲:内田拓夫)
  • お茶漬け(作詞・作曲・編曲:安田 光)


                                     

6. テレビ/ビデオ/ラジオ

テレビ/ビデオ
  • 次郎長背負い富士(NHK/2006年6月1日〜 8月31日:全10話)
  • どんとこい民謡(NHK)
  • 江戸の匠(NHK/2004年9月放送)
  • 雅 京都でお買い物道中(番組販売/2003年放送)
  • 噂の!東京マガジン(TBS)
  • 芸者小春姐さん奮闘記5(テレビ東京/2008年1月23日放送)
  • 正月爆笑ヒットパレード(CX)
  • 楽園図鑑(毎日放送)
  • 笑点(NTV)
  • 江戸の芸人・櫻川千代助(NHK/2000年9月放送)
  • ルックルックこんにちは(NTV)
  • 芸者小春姐さん奮闘記4(テレビ東京/2007年5月16日放送)
  • 江戸の粋 和の心(家元襲名記念ビデオ/2003年:90分)
  • Dash -幇間・櫻川千代助(TBS/2002年6月放送)
  • たけしの万物創世記(ANB)
ラジオ
  • 夜の深夜便(NHKラジオ/2008年2月18日放送)
  • 千代助の今日もかっぽれ(HBCラジオ/2002年6〜12月放送)
                                     

7. 外部リンク

  • 梅后流江戸芸かっぽれ
  • 櫻川千代助ホームページ
  • 旧 梅后流江戸芸かっぽれ - ウェイバックマシン(2001年11月21日アーカイブ分)
  • 西川流家元WEB
  • 萩井流Webサイト
                                     
  • 十八番は たいこ屏風 や どうぞ叶えて などの踊り 他多数 著書に たいこもち玉介一代 ビデオには お座敷あそび がある 弟子には悠玄亭玉 悠玄亭寿介 悠玄亭玉八 悠玄亭 千代 介 櫻川千代助 他がいる 初代中村吉右衛門 8代目市川團蔵 他多くの俳優 演目を演じた 話の泉 とんち教室 ザ ベストテン 1985年3月21日 木 - 近藤真彦の曲 ヨイショッ
  • 谷崎潤一郎 幇間 新潮社 1911 木戸芸者 落語 道化師 - 宮廷道化師 俄 軽口 愛宕山 落語 鰻の幇間 たいこ腹 芸妓 パンパンボーイ 櫻川千代助 正岡子規 高橋茂雄 お笑い芸人 タイチ プロレスラー 男芸者 太鼓持あらい のホームページ 平成の太鼓持ち 祇園顕良 平野顕良 紹介ページ
  • はなく 家族全員の名前が載せられている ケヤキの神 KARAPPO 俺の女房は大阪生まれ 2005池田大其 俺 愛知はDAGAYA 宮川大助 櫻川千代助 MAYUMI 万理沙ひとみ club Prince 祭の神 大助 花子一座 だんじりの歌手てなんやねん 岸和田だんじり祭 a b
  • bRIAN SHINSEKAI - シンガーソングライター ZEN - LA - ROCK - ヒップホップMC 元アイドル 扇崎秀薗 - 日本舞踊扇崎流家元 櫻川千代助 - 梅后流江戸芸家元 日本舞踊西川流師範 五明樓玉の輔 - 落語家 三遊亭窓輝 - 落語家 林家たま平 - 落語家 林家正蔵 落語協会副会長 の長男
  • 佐賀ノ海初太郎 佐賀昇博 逆鉾盛吉 逆鉾與治郎 櫻川 五良藏 櫻 國輝男 佐田の富士哲博 薩洲洋康貴 佐渡ヶ嶌林蔵 佐渡嶽沢右エ門 里山浩作 紫雲竜吉之助 潮ヶ濱義夫 四海波好一郎 四海波静太夫 敷嶌猪之 助 敷島勝盛 嗣子鵬慶昌 司天竜芳太郎 信夫山秀之助 嶌田 川 儀兵衞 嶋錦博 釋迦ヶ嶽庄太郎 鯱ノ里一郎 鯱和三郎
  • 千代 の富士 貢 ちよのふじ みつぐ 1955年6月1日 - 2016年7月31日 は1980年代から1990年代初頭にかけて活躍した大相撲力士 北海道松前郡福島町出身 第58代横綱 昭和最後の優勝力士 本名は秋元 貢 あきもと みつぐ 血液型はA型 秋元貢は1955年 北海道松前郡福島町で漁師を
  • 千代 の山 雅信 ちよのやま まさのぶ 1926年6月2日 - 1977年10月29日 は 北海道松前郡福島町出身の元大相撲力士 第41代横綱 本名は杉村 昌治 すぎむら まさはる 1926年に北海道松前郡福島町で生まれる 戦前の大横綱である双葉山定次への入門を希望していたが 周囲から 双葉山に勝
  • 大翔鳳昌巳 大善尊太 大徹忠晃 孝乃富士忠雄 高見盛精彦 隆三杉太一 玉輝山正則 玉龍大蔵 ち 千年 川 亀之助 千代 天山大八郎 つ 鶴ヶ濱増太郎 て 光風貞太郎 と 闘牙進 時天空慶晃 時錦恒則 戸田 川 鷲之 助 栃乃花仁 巴潟誠一 巴富士俊英 智ノ花伸哉 豊國範 な 浪乃花教天 成山明 に 錦木塚五郎 初代
  • 秋田誉酒造 株 - 秋田誉 秋田美人 秋田銘醸 株 - 爛漫 浅舞酒造 株 - 天の戸 阿 櫻 酒造 株 - かまくら 阿 櫻 新政酒造 株 - 新政 有 奥田酒造店 - 千代 緑 株 奥山儀 助 商店 - 金時 千歳盛酒造 株 - 千歳盛 刈穂酒造 株 - 刈穂 喜久水酒造 資 - 喜久水
  • 番頭はんと丁稚どん MBS 一心茶 助 関西テレビ 素浪人 月影兵庫 NET 第1シリーズ 第2話 風は知っていた 1965年 - 仙吉役 第2シリーズ 第102話 大口たたいて抜けていた 1968年 - 目玉の浪人役 てんてこ漫遊記 1966年 MBS - 松平竹 千代 役 銭形平次 フジテレビ 東映京都
  • 安藤豊 銚子市 坂口三 千代 銚子市 櫻田宗久 元モデル 俳優 木更津市 シムラユウスケ: 出生は東京都 藤代冥砂 星野道夫 市川市 山岸伸 武志伊八郎信由 宮彫師 鴨川市 石井鶴三 船橋市 藤野天光 館山市 香取秀真 佐倉市 香取正彦 人間国宝 佐倉市 津田信夫 佐倉市 濤 川 惣 助 七宝家 下総国鶴巻村 現 千葉県旭市