ⓘ 桜木裕司. 桜木 裕司 (さくらぎ ゆうじ、1977年7月20日 - )は、日本の男性キックボクサー、総合格闘家。宮崎県宮崎市出身。掣圏会館師範。掣圏道四段。 ..

                                     

ⓘ 桜木裕司

桜木 裕司 (さくらぎ ゆうじ、1977年7月20日 - )は、日本の男性キックボクサー、総合格闘家。宮崎県宮崎市出身。掣圏会館師範。掣圏道四段。

                                     

1. 来歴

高校時代に極真空手を始め、卒業後は自衛隊に半年間在籍。その後、体育教師を目指し日本体育大学体育学部武道学科に入学するも中退し、佐山聡と出会い弟子入りした。

2005年2月4日、パンクラスで謙吾と対戦し、3Rに左ハイキックでKO勝ち。

2005年3月、郷野聡寛にKO勝ち。

2007年5月26日、素手・頭部顔面への肘打ち・頭突きありの「WAFC世界パンクラチオン大会」の8人参加の無差別級トーナメントに出場し、3位入賞を果たした。

2007年10月、近藤有己に判定負け。

2009年10月17日、ロシアで開催されたWAFC主催のパンクラチオン大会「第2回パンチリーグ」のメインイベント・パンクラチオン無差別級タイトルマッチでガジエフ・アワウディンと対戦し、左フックで失神KO勝ちを収め王座獲得に成功した。

2010年2月28日、DEEP 46 IMPACTで行なわれた初代DEEPライトヘビー級王者決定トーナメント1回戦でクリスチャン・"トントン"・ムプンボと対戦し、スタンドパンチの連打でTKO負けを喫した。

2010年9月5日、パンクラスのメインイベントで川村亮と対戦し、スタンドパンチの連打でKO勝ちを収めた。

2010年12月5日、ライトヘビー級キング・オブ・パンクラスタイトルマッチで川村亮と再戦し、1-0の判定ドローとなり王座獲得に失敗した。

2011年2月25日、DEEP 52 IMPACTで行なわれたDEEPメガトン級王者決定戦で田澤和久と対戦し、チョークスリーパーで一本負けを喫し王座獲得に失敗した。当初は同年1月8日にDEEP初の日本国外開催となるマカオ大会「DEEP MAYHEM IN MACAO」でタイトルマッチを行なう予定であった王者川口雄介の負傷による王座返上に伴い、代役として王座決定戦への出場が決定したが、開催直前にマカオ大会が延期となったため同大会にスライドされていた。

2012年8月5日、パンクラスで高橋義生と対戦し、左フックでKO勝ちを収めた。

2012年10月27日、菊田早苗と対戦。この試合に限り、オープンフィンガーグローブを着用せず、素手で闘い、また、一部の反則以外は何をやっても構わないという初期UFCを彷彿とさせるルールで行われた。そして、桜木は菊田を1R早々血だるまにし、TKO勝利を収めた。

                                     

2. 人物・エピソード

  • 選手コール時には敬礼(靖国神社の英霊に対してと言う意味がある)をしたりと、佐山の思想を受け継いでいるが、ファッションはB系である。
                                     

3. 獲得タイトル

  • UKFキック・インターナショナル・ヘビー級王座(2009年)
  • パンクラチオン無差別級王座(2009年)
  • 第1回掣圏武芸トーナメント -95kg級 優勝(2003年)
                                     

4. 外部リンク

  • パンクラス 選手データ
  • 桜木裕司の戦績 - SHERDOG (英語)
  • 掣圏真陰流 選手データ - archive.today(2013年4月27日アーカイブ分)
  • バウトレビュー 選手データ
                                     
  • 桜木裕司 と対戦し 左フックで失神KO負けを喫した 世界パンクラチオン大会 84kg級 優勝 2007年 浜中 無念の反則勝ち 谷口 高橋渉に完勝 BoutReview 2009年7月15日 海外 桜木裕司 がガジエフを30秒でKO ロシア パンクラチオン王者になる
  • IMPACTのDEEPメガトン級王者決定戦で 桜木裕司 と対戦し チョークスリーパーによる一本勝ちを収め王座獲得に成功した 当初は同年1月8日にDEEP初の日本国外開催となるマカオ大会 DEEP MAYHEM IN MACAO で王者川口雄介に挑戦する予定であったが 川口が負傷により王座を返上し 桜木
  • ローカル大会で戦績を重ねた後 2005年10月2日にはパンクラスデビュー 2006年 パンクラス 第2代ヘビー級 - 100kg 王者決定トーナメントに出場 1回戦で李世学 準決勝で 桜木裕司 にそれぞれKO勝ちを収めるも 決勝でアルボーシャス タイガーにTKO負けを喫し王座獲得に失敗した 2007年10月28日 HERO S KOREA
  • 9月5日 パンクラスのメインイベントで 桜木裕司 と対戦し スタンドパンチ連打でKO負けを喫した 10月1日付けで株式会社パンクラスの代表取締役に就任した 12月5日 ライトヘビー級キング オブ パンクラスタイトルマッチで 桜木裕司 と再戦し 0 - 1の判定ドローで2度目の王座防衛に成功した
  • GPに出場 1回戦で安部康博にTKO勝ちするも 準決勝で中迫剛に右ハイキックでKO負けを喫した 以後 K - 1を主戦場に活躍 2004年12月5日 全日本キックボクシング連盟興行で 桜木裕司 に右フックでKO勝ち 2005年1月4日に郷野聡寛と対戦することが決まったが 右肘の怪我などでキャンセルした
  • 05で総合格闘技ルールに初挑戦し 桜木裕司 と対戦 開始15秒 右ローキックが 桜木 の股間に当たり 試合が中断 桜木 のダメージが大きかったため回復状況次第で数試合後に再試合を行うこととなるが 結局ドクターストップとなり無効試合となった 同年12月22日 MARS 06で改めて 桜木
  • ムエタイとサバットを学び 2004年に総合格闘技デビュー 2010年2月28日 DEEP初参戦となったDEEP 46 IMPACTのライトヘビー級王者決定トーナメント1回戦で 桜木裕司 と対戦し スタンドパンチ連打でTKO勝ち 4月17日 DEEP 47 IMPACTのライトヘビー級王者決定トーナメント準決勝で中西良行と対戦し 1 - 4の判定負けを喫した
  • ただし ラグビー部は野球部と半共有 宮崎宣子 日本テレビアナウンサー 太田祐輔 九州朝日放送アナウンサー 桜木裕司 総合格闘家 竹下良平 アニメ監督 竹平晃子 テレビ西日本リポーター 日高七海 女優 松本伸章 ピアニスト いぬ お笑いコンビ 宮崎県高等学校一覧
  • 主催者発表 1, 879人 満員 メインイベント ライトヘビー級 5分2R 高橋義生 D - ONEジム vs 桜木裕司 掣圏会館 1R4分59秒 KO スタンドのパンチ セミファイナル ウェルター級 5分3R 大類宗次朗 TRIBE TOKYO M.M.A vs
  • CAMP所属としてアマチュア大会 パンクラスゲート 2 に出場し 一本勝ち この試合を含め パンクラスゲート 2で4連勝を飾る 2006年9月16日 パンクラスで 桜木裕司 を相手にプロデビュー 2Rチョークスリーパーで一本勝ち 2007年2月28日 ヘビー級次期挑戦者決定戦でチアゴ シウバと対戦 1RサッカーボールキックでKO負け
  • JAPAN を開催 この興行でSAボクシングの世界王者が4人認定された 掣圏道時代はロシア人選手を多く招聘して北海道を中心に興行を打っていた 佐山の弟子である 桜木裕司 瓜田幸造の他に 現在K - 1のリングで戦っているセルゲイ グール アースラン マゴメドフ マゴメド マゴメドフ シャミール ガイダルベコフ 内田ノボル 高谷裕之なども出場していた